Shakehands 利用規約

Shakehandsをご利用の際には、この「Shakehands利用規約」が適用されますので、ご利用の前に、必ずお読みください。

「Shakehands利用規約」(以下「本利用規約」といいます。)は、株式会社シェークハンズ(以下「当社」といいます。)が当社のウェブサイト(以下「本サイト」といいます。)において提供するすべてのサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。本サービスをご利用される方(以下「利用者」といいます。)は、本利用規約に同意したものとみなされます。

【第1条 本利用規約について】

  1. 当社は、相当の事由があると判断した場合には、利用者の事前の承諾を得ることなく、当社の判断により、本利用規約をいつでも変更することができるものとします。
  2. 当社は、個別のサービスにおいて個別の規約やプライバシーポリシー等(以下「個別規約」といいます。)を定めています。
  3. Shakehands利用規約の定めと個別規約の定めが異なる場合には、当該個別規約の定めが優先して適用されるものとします。
  4. 変更後の本利用規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サイト上に表示した時点より効力を生じるものとします。また、本利用規約の変更の効力が生じた後、利用者が本サービスをご利用される場合には、変更後の本利用規約に同意したものとみなされます。
  5. 本利用規約の新たな制定・変更等がなされた場合、当該規約の制定・変更等より前に利用者によって行われた行為についても、当該制定・変更等がなされた後の本利用規約が適用されます。
  6. 本利用規約に示される権利を行使または実施しない場合でも、当社が当該権利を放棄するものではありません。

【第2条 本サービスの提供の中断等】

  1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、利用者に事前に通知することなく、一時的に本サービスの全部または一部の提供を中断することがあります。
    (1) 本サービスを提供するための通信設備等の定期的な保守点検を行う場合または点検を緊急に行う場合
    (2) 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合
    (3) 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合
    (4) 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合
    (5) その他、運用上または技術上、当社が本サービスの提供の一時的な中断を必要と判断した場合
  2. 当社が必要と判断した場合には、事前に通知することなくいつでも本サービスの内容を変更し、または本サービスの提供を停止もしくは中止することができるものとします。ただし、予め想定できる場合は、本サイト上へ掲載する等の方法により、利用者に事前に通知するよう努めるものとします。
  3. 当社は、第1項各号のいずれかまたはその他の事由により本サービスの全部または一部の提供に遅延もしくは中断が発生しても、これに起因する利用者または第三者が被った損害に関し、本利用規約で特に定める場合を除き、一切の責任を負いません。
  4. 当社が本サービスの内容を変更し、または本サービスの提供を停止もしくは中止した場合であっても、本利用規約で特に定める場合を除き、利用者に対して一切責任を負わないものとします。

【第3条 利用環境の整備】

  1. 利用者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェアその他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、利用可能な状態に置くものとします。また、本サービスのご利用にあたっては、自己の費用と責任において、利用者が任意に選択し、電気通信サービスまたは電気通信回線を経由してインターネットに接続するものとします。
  2. 利用者は、関係官庁等が提供する情報を参考にして、自己の利用環境に応じ、コンピュータ・ウィルスの感染、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等セキュリティを保持するものとします。
  3. 当社は、利用者の利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

【第4条 自己責任の原則】

  1. 利用者は、私的使用の範囲でのみ、利用者自身の自己責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果についてその責任を負うものとします。
  2. 利用者は、本サービスのご利用に際し、他の利用者その他の第三者および当社に損害または不利益を与えた場合、自己の責任と費用においてこれを解決するものとします。

【第5条 当社の財産権】

  1. 本サービスに含まれる一切のコンテンツおよび情報に関する財産権は当社に帰属します。
  2. 本サービスまたは広告中に掲載・提供されているコンテンツは、著作権法、商標法、意匠法等により保護されております。
  3. 本サービスおよび本サービスに関連して使用されているすべてのソフトウェアは、知的財産権に関する法令等により保護されている財産権および営業秘密を含んでおります。

【第6条 利用制限】

  1. 当社は、利用者が以下のいずれかに該当する場合には、当該利用者の承諾を得ることなく、当該利用者の本サービスの利用を制限することがあります。
    (1) ワーム型ウィルスの感染、大量送信メールの経路等により、当該会員が関与することにより第三者に被害が及ぶおそれがあると判断した場合
    (2) 当社が緊急性が高いと認めた場合
  2. 当社が前項に基づき利用者の本サービスの利用を制限したことにより、当該利用者が本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、当社は一切責任を負いません。

【第7条 免責】

  1. 当社は、本サービスの利用により発生した利用者の損害については、一切の賠償責任を負いません。
  2. 利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとします。
  3. 当社は本サービスに発生した不具合、エラー、障害等により本サービスが利用できないことによって引き起こされた損害について一切の賠償責任を負いません 。
  4. 本サービスならびに本サイト上のコンテンツおよび情報は、当社がその時点で提供可能なものとします。当社は提供する情報、利用者が登録・送信(発信)する文章その他のコンテンツおよびソフトウェア等の情報について、その完全性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、安全性、確実性等につきいかなる保証も一切しません。
  5. 当社は、利用者に対して、適宜情報提供やアドバイスを行うことがありますが、その結果について責任を負わないものとします。
  6. 本サービスが何らかの外的要因により、データ破損等をした場合、当社はその責任を負いません。

【第8条 開発中のサービスについて】

  1. 当社は、本サービスの一部または独立したサービスとして、開発中のサービスを提供することができるものとします。
  2. 利用者は、開発中のサービスがその性質上、バグや瑕疵、誤作動等、正常に動作しない症状等の不具合を含み得るものとして提供されることを理解するものとします。
  3. 当社は、当社が必要と判断した場合には、事前に通知することなくいつでも開発中のサービスの内容を変更し、または開発中のサービスの提供を停止もしくは中止することができるものとします。
  4. 当社は、開発中のサービスの完全性、正確性、適用性、有用性、利用可能性、安全性、確実性等につきいかなる保証も一切しません。

【第9条 準拠法】

本規約は、日本法に準拠し、解釈されるものとします。

【第10条 裁判管轄】

利用者と当社との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2014年3月 制訂・施行
2014年4月 改訂

ページ上部へ